3110這い上がりブログ

どこまで登れましょう

従業員への夜食は経費にしても大丈夫?

従業員への夜食を買っている事業所は多いと思います。

 

ただ給与課税される場合もあるのでご注意を。

 

ちなみに給与所得とみなされるのが、一番税務上キツイのです。消費税の漏れと源泉所得税の漏れとみなされます。

 

税務上は

①役員や使用人が半分以上を負担

②食費−負担額が月3500円以下

が条件です。

 

ただしあくまで現物給付になるのでご注意下さい。金銭で渡した場合は、300円を超えると全額が給与課税されます。

 

なお残業や宿直では夜食を無料支給しても、非課税ということになっています。

限度があるのは勿論ですが…